fujihira
  • fujihira
  • 柄7

藤平 寧作 銀彩碗 

¥18,360

京都に窯を構える藤平寧氏の作品は、常に自然体な作風が魅力。独特の柔らかいフォルムと、霧中を彷徨うような幻想的な釉調は 父:藤平伸氏の薫陶を受けた寧氏ならではのもの。轆轤を使わずに手びねりで成形され、かろやかでお茶だけでなく用途の広い作品です。モダンな中に、茶の侘び寂びの風情を備えた銀彩は、儚さと叙情的な雰囲気。静かな茶室にもモダンなリビングにも、茶籠/茶箱にも人気の逸品です。

建水【小】にぴったり収まる茶箱サイズ嘉門工藝オリジナル作品を制作していただきました。

まるで竹林に雨が降るかの様な、

叙情的な作品の魅力を感じていただけるかと思います。

見込み(内側)は広大な宇宙の広がりを感じさせます。

 

対応できる茶箱 茶籠 :くるみ茶箱・うらら茶籠・玉手箱・万歳楽・千歳等

銀彩碗ストライプ(小):約直径約105×60㎜前後  価格 ¥18,360(税込)

銀彩碗ストライプ(中):約直径約110×65㎜前後  価格 ¥21,600(税込)

材質:陶磁器

1963年 京都東山に生まれる。父は藤平伸(嘉門代表の村瀬がフェイバリットにあげてます)
1987年 関西大学文学部卒
1988年 日展入選(東京都美術館)
1989年 日本陶芸展入選(大丸東京)
1990年 朝日現代クラフト展入選
1991年 陶芸ビエンナーレ奨励賞受賞
1992年 朝日陶芸展入選
1993年 銀座 黒田陶園にて二人展
1997年 銀座 黒田陶園にて個展
1998年 銀座 和光にて個展
2008年 ぎゃらりい栗本にて個展
2009年 陶芸三人展 和光・東京
2012年 ぎゃらりい栗本にて個展

他 多数個展開催

 

旅もち茶碗につきまして

この作品は 茶箱の建水サイズを基準にすべて嘉門工藝オリジナルにて特別オーダー作品です。

「嘉門工藝の旅持ち茶碗は 籠にセットするという前提ですべての作家に制作依頼をいたしております。
そして、作家の通常制作している茶碗の価格より低めな価格にてご協力いただいております。そのため、基本的には紙箱はつかない設定であることをご理解くださいませ。」

紙箱をご希望の場合は こちらから追加購入をお申込みください。