幸せをよぶ 御幣 木の葉さる ※完売です

¥2,160

熊本の木葉の里の古くから伝わる、素朴な素焼きの猿。
都の落人4人が「木葉の土でましら(猿)を作れば幸いあらん。」とのお告げにしたがって、赤土で猿を作りお供えしたところ、

 

4つの家族は悪病や災いを逃れ平穏無事に過ごすことができたとの言い伝えが始まりです。

ご利益として 魔が去る、勝る、優る ということです。

 

江戸時代に全国に広まりましたが、平成の現在、この猿を製作しているのは、葉でも永田礼三さんの家一軒のみです。

今年の干支の申(猿)を、おめでたい郷土玩具として玄関やお部屋に飾ったり、送り物にしてみてはいかがですか?

かわいいですよ。

価格:2、160(税込)
サイズ(約):幅4cm×奥行3.5cm×高さ9cm