_mg_1141
  • _mg_1141
  • DSCF8709
  • _MG_1239

鎚起唐金 建水

¥7,560

一番人気の嘉門工藝オリジナルの建水は必需品でありながら、どこにもない便利さと評判です。

小サイズ 入荷しました。

嘉門工藝オリジナル。

唐金製(銅と錫の混合)金属部ミャンマー 日本仕上げ ※旅持ち茶碗小・茶碗中・茶碗大はこの建水をもって各作家に依頼をしています。きっちり収まる寸法です。

 鎚起とは 日本でも江戸時代から伝わる技法で、銅・錫の素材を鎚(つち)で打ち起こす、金属工芸技術。 一枚の銅板を打ち延ばし 継ぎ目のない鍛金の技術を駆使して仕上げられたものです。使い込むほどに光沢が増すのが特徴です。 本体はミャンマーにて 仏具を製作している工房に依頼し 日本にて表面仕上げを施し、侘びた表情を与える、これも大切で大変な仕事です。 茶箱に建水が内蔵できることは何より魅力です。旅先などでは水を捨てる場所に困ることが多く、建水は絶対必需品です。

【小】サイズ:直径約110㎜×高さ70㎜前後

【中】サイズ:直約径125㎜×高さ70㎜前後

【大】サイズ:直径約150㎜×高さ70㎜前後

 

価格:

小 7,560円

中 8,100円

大 8,640円


サイズ

※レビューはDETAILEをクリック