DSC05558
  • DSC05558
  • th_DSC05794
  • th_th_DSC05581
  • th_DSC05871
  • th_DSC05894
  • th_DSC05879
  • th_DSC05901

三原嘉子「三太郎」茶碗

¥6,480

 

 

大変お待たせ致しました。

島根の三原嘉子先生からお茶碗が届きました。

桃太郎、金太郎、そして浦島太郎・・・日本を代表する三太郎が揃い踏みです。

お茶がおいしく感じられる柔らかいクリーム色の茶碗ですね。

 

あのなんともカワイイ作品の作り方の秘密を少しだけお教えします。

印判をつくって 土に絵柄を押して焼き上げる方法をとっているのです。

何回か押すと新しい印判を作り直すそうですので 少しづつ表情が変わってくることが魅力のひとつとなってます。

毎回、入荷分が直ぐになくなってしまう人気の作品です。

気になっていらっしゃる方は お早めにどうぞ。

 

 

 

大きさはいつも通り女子の掌にフィットする小さめで唐金建水(小)に丁度収まるサイズになってます。

カフェオレボウルとしてもなかなか良さそうですね。

 

サイズ  径約10cm前後 高約6.5cm前後

 

 

※全て手作りの為、作品に描かれている柄が一点一点異なります。

 全く同じ柄は有りませんのでご了承ください。

 

 

桃太郎茶碗 小  価格 6480円

金太郎茶碗 小  価格 6480円 (入荷待ち)

浦島太郎茶碗 小 価格 6480円 (入荷待ち)

 

■陶歴
昭和57年 大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻(山田光ゼミ)卒業 卒業後、舩木研児先生に2年間師事
平成23年 柿傳ギャラリーにて個展
各地で個展・グループ展多数開催
現在、島根県松江市にて制作

陶芸界の若手ホープである三原研氏の夫人

 

旅もち茶碗につきまして

この作品は 茶箱の建水サイズを基準にすべて嘉門工藝オリジナルにて特別オーダー作品です。

「嘉門工藝の旅持ち茶碗は 籠にセットするという前提ですべての作家に制作依頼をいたしております。
そして、作家の通常制作している茶碗の価格より低めな価格にてご協力いただいております。そのため、基本的には紙箱はつかない設定であることをご理解くださいませ。」

紙箱をご希望の場合は こちらから追加購入をお申込みください。


登場人物