s3
  • s3
  • th_DSC07291
  • th_DSC07241
  • th_DSC07225
  • th_DSC07261
  • s1

浦弘園作「月こよみ」奈良一刀彫+村瀬治兵衛作 敷板 格狭間型 限定

¥70,000

年間を通じて 皆様をお守りくださるのは、なんとも愛らしい奈良で作られた一刀彫のお人形。
巫女さんが捧げもつものは12ヶ月の季節の彩り。

1月重餅  2月鬼 3月雛人形 4月桜扇 5月兜 6月てるてる坊主 7月鬼灯

8月西瓜 9月菊 10月紅葉  11月毬  12月雪うさぎ +嘉門工藝だけのオリジナルのギフトボックス=リボン結びのかわいい箱が付きます。

この度は、栗の材をつかった敷板を限定数ご用意いたしました。格狭間型(こうざまとは、格式が高く、古来から仏教建築に用いられる刳(くり)方の一種です。

日々の暮らしが楽しく、帰宅したときに迎えてくれる笑顔に癒されるという声が多数寄せられております。

 

 

作家の浦先生には 大変なご協力を得て 製作にあたっていただき本当に有難く思っております。

一カ月に製作する数に限りがあるため、新春からお雛様の季節にかけては

半年待ちの人気作品です。ご興味のあるかたはお早目に。

 

.特別セット価格 :

¥70000円(税込) HPのみ特別価格

浦弘園作「月こよみ」奈良一刀彫+村瀬治兵衛作 栗敷板格狭間型(こうざま)(裏に治兵衛焼印)