㈱嘉門工藝の母体は 漆芸家 村瀬治兵衛の工房です。

それぞれが 高度な伝統技術と現代の暮らしを繋ぐことを目指しています。

村瀬治兵衛の漆器は 海外での評価も高く、用と美をあわせもつ上質な作品です。
上質な素材を選び、機能性と美しさを併せ持つ道具作りの背景には、
自宅で60年余続く月釜茶会での経験が大きな力です。

一方、嘉門工藝は、「いつかは治兵衛」を合言葉に まずはリビングにて喫茶としての抹茶を楽しんでいただくための装置=茶箱や茶籠を中心とした和モダンな世界を試みています。

嘉門の名は、もともと村瀬治兵衛の祖父が 嘉門という屋号で 江戸時代から続く木地師の家だったことに由来いたします。嘉門のオリジナル作品はすべて 村瀬治兵衛の監修のもと 素地の選択から木型の製作まで とても緻密で美しいサイズにこだわって製作しています。

 

初心者からツウ好みの方まで、正統派でありながら、
今の時代を映した作品は海外でも高い評価を頂いております。

嘉門工藝
ギャラリー『治庵』への案内 地図

漆工房は昭和27年よりこの地で営んでおります。(漆かぶれの恐れがあり工房見学はできません)
ギャラリーは予約制でございます。
電話かメールで ご興味のある作品などお知らせください。

 

TEL.03-3421-6887
FAX.03-3419-1400

定休日 :土,日曜・祝祭日
営業時間:午前10時~午後5時 
〒154-0011東京都世田谷区上馬5-27-3

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

© Copyright 2014 kamon kogei