桃太郎茶碗の巻

 

夢まくらに白髪の老人が現れ、ありがたくないお告げをいただいた。

「おまえは日本の救世主になりなさい」

それだけ言って具体的な說明もなく消えてしまった。

夢の中でもこれは夢だと気付いたほど馬鹿げたものだった。

 

目覚めてテレビを点けるとDOCOMOのCMが流れていた。

桃太郎・・・。

 

「フクちゃん、散歩にいくぞ!」

フクちゃんは嘉門工藝のほっかぶりの似合う柴犬なのだ。

「ワンワンワン」

「返事は一回でよろし~」

 

この時フクちゃんはまだ気付いていなかった。

この散歩がキジとサルを探す旅だったことを。

 

作家の三原嘉子さんから茶碗が届いた。そこにはフクちゃんとキジとサルが描かれていた。

中には桃がひとつ。

イヌは仁、キジは勇、サルは知。そして桃は金を表すそうな。

 

 

只今、新宿伊勢丹にて展示中。ネットで購入はこちら